新規会員登録で500ポイントプレゼント

梅雨あれこれ

そろそろ梅雨の季節ですね。何かと不快なこの時期ですが、今回は知っているとチョッと楽しくなる、梅雨にまつわる、あれこれをご紹介します。

 

梅雨はどうして起こるの?

日本列島の北東にある冷涼なオホーツク海高気圧と南海上の暖かい太平洋高気圧がぶつかって大気の状態が不安定になり、雨が降ります。 高気圧と高気圧がぶつかっているところを前線といいますが、 この前線に沿って南西から次々と多湿な空気を伴った低気圧が通過して行くため、まとまった雨が降ることが多いのです。

なぜ「梅雨」?

このまとまった雨をなぜ「梅雨」と呼ぶようになったのでしょうか? 梅の実が熟す季節だからという説、カビ(黴)の生えやすい時期の雨で、黴雨(ばいう)が変化したという説など、諸説あるようです。

梅雨のタイプは2種類

【陰性タイプ】
気温が低く、強い雨が持続的に降ったり曇ったりが続きます。 どんよりとした悪天が何日も続くことが多くあります。一般に、東日本や北日本、梅雨の前期は陰性タイプが多いのが特徴です。

【陽性タイプ】
気温が高く、比較的好天の日が多いのですが、雨が降ると大雨となりやすいのが特徴。 一般に、西日本ではこのタイプが多いと言われています。

松尾芭蕉も梅雨を詠んでいた!

日本中を旅した俳人、「松尾芭蕉」。美しい自然とともに、梅雨の様子を情景たっぷりに詠んでいます。

風流の 初やおくの 田植えうた (白河にて)
白河では、梅雨をあてにした農作業が始まっていたという歌。

夏草や 兵共が 夢の跡 (高館にて)
梅雨の最盛期のちょっとした晴れ間に詠まれたものと思われます。

さみだれを あつめて早し 最上川 (大石田にて)
梅雨で最上川の水量が増えたのを詠んだ歌

笠鳩は いずこさ月の ぬかり道 (笠鳩にて)
梅雨で道がぬかるみ歩きにくいことを詠みました。

梅雨にまつわる季語

梅雨を表現する季語もさまざま。日本人ならではの感性が、息づいています。

「梅雨晴」
梅雨に入ってから、一時的に晴れることを言います。重苦しい日々の中、ホッと一息つける、少しうれしい時間です。

「五月雨」
旧暦5月(6月頃)に降る長雨のこと。「古今集」以来の雅語で、漢語の梅雨とほぼ同じ意味です。

洗濯物が乾かなかったり、外出もままならない梅雨の時期ですが、たまには何も考えず、ゆったりと雨を眺めてみる時間を作るのも、良いかもしれませんね。