CHECK ITEM最近見た商品

美容のカギはコラーゲン・ヒアルロン酸・さらにイソフラボン・乳酸菌も意識、美容サプリの紹介

2022/2/15

肌の保水力に関わる成分であるコラーゲンやヒアルロン酸は女性にとって重要な美容成分として認識が高いです。実はほかにも食物から摂取できるイソフラボンや発酵食品から取り入れることができる乳酸菌は健康だけでなく美容にとても大切な成分であります。このような成分を手軽に取り入れることができるサプリを活用してもらい、一歩進んだ美容を目指してください。

女性が常に意識している美容成分

美容への意識の高まりとともに美容を補助する化粧品やサプリメントが多く販売されています。 代表的な成分としてよく知られているのはコラーゲンやヒアルロン酸といった皮膚やたんぱく質を構成するものですが、それ以外にも様々な美容成分があります。 テレビや広告などで名前は聞いたことあるけど、実際にはどのような効果があるのか分からないという方も多いのではないでしょうか。 ここでは、美容に効くといわれているコラーゲンやヒアルロン酸を紹介していきます。

その1.美容成分であるコラーゲンとは

コラーゲンとは皮膚や軟骨を構成するために存在する繊維状のタンパク質のことです。そのコラーゲンは三大栄養素のタンパク質の中でも約30%を占める必要不可欠な成分です。皮膚にはコラーゲンが存在しており、弾力やハリに必要な役割を担っています。コラーゲンは、約30種類以上が確認されており、種類としてはⅠ型からV型と分類されています。型は必要されている部位などによって異なることがわかっております。コラーゲンを摂取する食品として有名なところでは、すっぽんやエイひれ、ゼラチンなどが有名ですが、比較的高カロリーな食品が多いことも特徴的です。

その2.美容成分であるヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸は人の体の中のいたる所に存在しており、特に細胞と細胞の間に多く存在しするものです。特徴としては保水力があり、水分を取り込んでおける働きがあります。ヒアルロン酸があることで水分を多く保持することができ、弾力がうまれると言われております。そのヒアルロン酸も年齢とともに減少していくことがわかっており、ヒアルロン酸が減少していくと水分や弾力を保つ力が下がってしまうことにつながってくるとのことです。水分を保つためにはヒアルロン酸は欠かせない成分です。ヒアルロン酸を摂取する食品として有名なところでは、すっぽんやフカヒレなどがあり、こちらも高カロリーなものが多くコラーゲンを摂取する食品に似ていることが特徴です。

健康的かつ美容にもいい成分

サプリ

ここからは比較的身近な食品から摂取することができるイソフラボンと乳酸菌についてご紹介していきます。 食物から得られる美容にいい成分として注目されているのは、大豆由来のイソフラボンです。また、乳製品から摂ることができる乳酸菌ですが、青汁やチョコレートからも摂取することができます。

大豆から得られる美容成分イソフラボン

イソフラボンは多くのたんぱく質を含んでいることから「畑の肉」ともいわれています。イソフラボンが抽出できる食品として大豆が有名ですが、大豆の中に含まれるイソフラボンはわずかしかなく、希少価値の高い成分となっています。大豆の胚芽(胚軸)の部分に多く含まれるイソフラボンは、人の体内で生成される女性ホルモンの「エストロゲン」に似た働きをします。そのイソフラボンが似た働きをすることで、体内でエストロゲン受容体に結合するという特徴があります。結果として女性の特有の悩みに対しても美肌へも良い方向へと導いてくれるとのことです。

発酵食品などに含まれる乳酸菌

乳酸菌とは発酵によりエネルギーの源の糖などを分解して乳酸を作り出す性質をもつ微生物のことをいいます。腸内にいる菌は主に2種類が存在しており、腸の働きを応援してくれる「善玉菌」と呼ばれる菌と腸内の酸化や老化を促してしまう「悪玉菌」と呼ばれる菌がいます。乳酸菌は腸内で大腸菌など悪玉菌の繁殖を抑制して、腸内菌のバランスをとり、腸内環境を整えてくれます。腸内環境が整うことにより、便通の改善・コレステロールの低下・免疫機能の向上・ニキビや肌荒れといった肌トラブルも老化の防止も期待できます。

美容系成分を効率的にサプリで摂取しよう

いままで紹介してきた以外にも美容にいい成分はたくさんあり、あれもこれも気になる中で化粧品だったり食事だったりなどでとるとたくさん用意しなければならず大変です。そんな煩わしい行動を解決してくれるには美容成分配合のサプリです。理由は自分が欲しいもしくは気に入った成分が配合されているサプリを用意して、場所はそこまで気にせずに、水や白湯で飲むことで摂取することができます。時間もかからず、場所も選ばず、効率よく美容への対策をしたいという方には、是非美容サプリをおすすめしたいところです。