100

深呼吸して体内へ吸い込む方法 ~アロマセラピーのいろいろな利用方法~

2022/11/07

精油の活用方法、つまりアロマセラピーの楽しみ方には様々な方法があります。 蒸気を吸い込む吸入、部屋の中に香りを拡散する芳香浴、風呂のお湯に精油を垂らすアロマバス、布に精油を含ませて体に当てる湿布、マッサージ…など、ライフスタイルや好みに合わせ、あなたの生活に取り入れやすい方法から試してみましょう。

吸入

吸入は、精油の揮発成分を身近にある道具を使い、深呼吸して体内へ吸い込む方法です。 主に風邪の予防や、呼吸系のトラブル、吐き気を抑えたいとき、気分転換したいときなどに役立ちます。

 

マグカップ

ラベンダー

マグカップに熱いお湯を入れ、精油を2から4滴垂らし、立ち昇る蒸気に鼻に近づけて香りを嗅ぎます。

注意

※精油を垂らした直後に、顔を近づけて香りを含んだ蒸気を一気に吸い込むと、むせる場合があります。また精油を混ぜたお湯を飲まないように、自分自身も周りの人にも、十分注意してください。

 

マスク

マスクの外側(つけた時に下の角になる部分)に、精油を1滴垂らし、マスクをつけて香りを楽しみます。

注意

※精油をつけた部分に肌が密着しないよう注意してください。

 

ティッシュやコットン

コットン

ティッシュやコットンに、精油を2滴から4滴垂らし、鼻に近づけて香りを嗅ぎます。

湿布

精油を含んだお湯や冷水に、タオルなどを浸して絞り、体に当てる方法です。 捻挫や打撲、身体のコリや痛み、疲れなど、局所的な問題に役立ちます。

 

温湿布

ラベンダー

主に体を温めたいとき。血液の循環を良くしたいときなどに使います。 冷めてきたらもう一度お湯につけ、作り直しましょう。

 

冷湿布

主に体を冷やしたいとき、炎症を起こしているときなどに使います。体温で温かくならないように、保冷剤を乗せると良いでしょう。

注意

※痛みがある場合はまず医師の診断を受けてください。また体の気になる部分に当てて使用しますが、顔には当てないようにしてください。

参考文献:
アロマセラピーパーフェクトBOOK(ナツメ社/2016)
アネルズあづさの精油ブレンドバイブル(河出書房新社/2016) マタニティアロマセラピーコンプリートブック(BABジャパン/2014)

COLUMN
関連コラム