健やかな体をつくる栄養素のお話②知っておきたい栄養素の働き

今回も、前回に続き栄養素のお話です。前回は、人間の体になくてはならない栄養素のうち、とくに重要な 三大栄養素(炭水化物・たんぱく質・脂質)についてご紹介いたしました。
三大栄養素にビタミン・ミネラルを加えたものを「五大栄養素」、さらに食物繊維を加えたものを「六大栄養素」と呼びますが、今回はそれらの栄養素とその働きについてご紹介します。

【ビタミン】
ごく微量で、ほかの栄養素の働きをスムーズにする潤滑油のような作用をします。 体内では、ほとんど合成することができないため、食物から摂取する必要があります。

【ミネラル】
体を構成する主な4元素(酸素・炭素・水素・窒素)以外のものの総称で無機質ともいい、体の機能維持や調節に欠かせない栄養素です。 代表的なものはカルシウム・リン・カリウムなどです。現在のところ体に必要とされるミネラルは16種類とされ、「必須ミネラル」と呼ばれています。

【マグネシウム】
体に必要なミネラルの一種で、体内でさまざまな代謝を助けています。不足しがちなミネラルで、クマイザサにも多く含まれている栄養素です。

【食物繊維】
以前は、役に立たない食べ物のカスとされていた食物繊維。 現在は、栄養素の吸収をゆるやかにしたり、有害な物質を排出するなどの働きが認められてます。 日本人が不足しがちな栄養素で、クマイザサに豊富に含まれています。

【アミノ酸】
三大栄養素のひとつであるたんぱく質は、分解されては合成されるという新陳代謝を繰り返しています。 アミノ酸は、このたんぱく質を構成する有機化合物です。20種類あるアミノ酸のうち、9種類は体内で合成できないので「必須アミノ酸」と呼ばれています。

【タウリン】
アミノ酸の一種で、魚介、特に貝類やイカ、タコなどに多く含まれる成分です。 血圧やコレステロールの低下、心臓機能の強化などの作用があることが知られています。

今回は、比較的よく見聞きする栄養素について紹介しましたが、いかがでしたか? 健康なからだづくりのためには、多彩な栄養素をまんべんなく摂取することが大切です。ぜひ今後の健康づくりにお役立てくださいね!