100 2024円

犬の暑さ対策グッズを活用して暑い季節を乗り切ろう!散歩や室内で使えるアイテムを紹介

ペットグッズPETGOODS
MORE
2023/06/23

犬は非常に暑さに弱い動物です。暑い季節から大切な家族を守ってあげるためにも、エアコンや扇風機だけでなく暑さ対策グッズを活用しましょう。
暑さ対策は、涼を求めるだけではありません。ポイントは「涼しい環境づくり」「水分補給」「暑さに負けない体づくり」です。 そこで、暑さ対策グッズを「散歩・屋外」「室内」ごとにピックアップしました。後半では、100均で購入できるリーズナブルな製品や、手作りできるグッズも紹介します。
暑さ対策を万全にして、元気よく暑い季節を乗り切りましょう。

 

犬の暑さ対策グッズはなぜ必要なの?

犬は「ハァハァ」という呼吸で体温調節をおこなっています。犬は汗腺が肉球にしかなく、ほとんど汗をかきません。 全身で体温調節をしている私たちと比べると、ずっと体温調節が苦手なのです。
暑さに耐えきれず熱中症になってしまうと、徐々に元気がなくなり、重篤化してしまうと命にもかかわる事態になる危険性があります。 しかし、犬は私たちに「暑い」と伝えられません。だからこそ、犬が最初から暑いと感じないような環境を作ってあげるのが家族の役目なのです。

 

散歩・屋外で使える暑さ対策グッズ

アスファルトの熱や照り返しが辛い屋外では、なるべく犬が涼しく過ごせる暑さ対策グッズを準備しましょう。

クールバンダナ

クールバンダナは、犬の首に巻いて使用する暑さ対策グッズです。水で濡らしたり、保冷剤を入れたりして首を冷やします。 犬の首には太い血管が通っているため、首を冷やしてあげると効率よく体の熱をとってくれます。さまざまな柄や形の製品があるため、お気に入りの1枚を見つけてあげるのもよいですね。

クールウェア

クールウェアは、洋服タイプの暑さ対策グッズです。接触冷感素材を使用した洋服や、水で濡らすとひんやり感が持続するベストなど、あらゆるタイプのクールウェアがあります。 なかには、UVカット効果があるものも。クールウェアはデザインも豊富なので、ファッション感覚で楽しんでみてはいかがでしょうか。

ドッグシューズ

ドッグシューズは、名前の通り、靴のように犬に履かせる履物です。犬の肉球は、足にかかる衝撃を緩和したり、滑り止めの役割をしたりと犬にとってとても大切な部分。そのうえ、非常にデリケートです。 ドッグシューズを使用して、暑い夏のアスファルトから大切な肉球を守ってあげましょう。 ただ、犬によっては履物を嫌がってしまう場合もあります。嫌がる場合は無理に履かせようとせず、少しずつ慣らしていきましょう。

ペットウォーターボトル

ペットウォーターボトルは、散歩や屋外でサッと水を飲ませてあげられる便利グッズです。 トレイとボトルが一体化しているものなら、1本で手軽に給水できます。熱中症対策には、こまめな水分補給が欠かせません。 ペットウォーターボトルで、犬がいつでも楽に水を飲める環境を準備しておくと安心です。

ハンディ扇風機

ハンディ扇風機も、犬の暑さ対策にぴったりのグッズです。どこでも使用できるので、散歩休憩中やドライブ中など、あらゆるシーンで活躍します。 水を入れるタイプなら、涼しいミストがでてひんやり感がプラス。1台もっておくと便利です。

 

室内で使える暑さ対策グッズ

暑い夏は、室内でも暑さ対策グッズを使用した徹底的な対策が欠かせません。 また、夏バテで食欲がなくなってしまう犬もいるため、なるべく栄養を摂らせるよう意識する必要もあります。 暑さを元気よく乗り切るために、あらゆる角度から必要なものをチェックしましょう。

クールマット

クールマットは、ひんやり感が心地よい犬用マットです。 熱を吸収するジェルが内蔵されたタイプや、接触冷感タイプ、大理石タイプなどさまざまな製品があります。 車内や出先などに持ち運びたい方は、折りたたみできるタイプが適しています。使い勝手やデザインなどで選んでみてください。

クールベッド

クールベッドは、クールマットの要領を応用したベッドタイプの暑さ対策グッズです。 マットよりも比較的ふんわりとしており、犬の寝心地を考慮して作られています。 ただし、クールベッドは小型犬サイズが多く、大型犬サイズは多くありません。使い勝手のよさを重視するなら、クールマットが便利です。

接触冷感ブランケット

クールマットをよりポータブルにしたい方は、ブランケットタイプがおすすめです。車のシートやソファーにかけたり、一緒に寝るときベッドに敷いたりと、どこでも手軽に使用できます。

冷感おもちゃ

冷感おもちゃは、涼しみながら遊べる暑さ対策グッズです。接触冷感素材を使用していたり、冷凍して使用するものがあったりと、さまざまな製品があります。 見た目にも涼を感じるグッズが多く、つい集めたくなるかわいさです。これまでとは違う暑さ対策グッズを試してみたい方は、チェックしてみてはいかがでしょう。

犬用アイスクリーム

暑い夏は、犬もひんやり甘いアイスが食べたくなるものです。食欲のないときも、アイスなら食べてくれるかもしれません。 犬用のアイスクリームは、野菜や果物を使用していたり、砂糖を使用していなかったりと犬の健康を気遣っているものが多い傾向にあります。 ただ、犬によってはお腹をくだしてしまうケースも。初めてあげるときは、少量ずつ様子をみてあげるようにしましょう。

ペットサプリメント

ペットサプリメントは、犬の健康維持に必要な栄養をギュッと凝縮した健康補助食品です。
粉末状で、エサにまぜてあげるだけで食事と同時に栄養補給ができる優れもの。 夏は暑さで犬も疲れがたまりがち。ペットサプリメントで、暑さに負けにくい健康な体づくりをサポートしてあげましょう。

 

犬の暑さ対策グッズを安く購入する方法はある?

犬の暑さ対策グッズは、ペットショップやネット通販で購入できます。 しかし、ひとつひとつの値段がやや高いのがネック。リーズナブルな暑さ対策グッズを探している方は、100均や手作りで用意してみてはいかがでしょうか?

100均で購入できる暑さ対策グッズは豊富

実は、100均で購入できる犬の暑さ対策グッズは豊富です。たとえば、クールバンダナ、冷感ジェルマット、アルミプレートなど。110~220円で購入できるため、非常にリーズナブルです。
さらに、冷感ペットブランケットも100均で購入できます。価格は300円程度ですが、ペットショップや通販と比べればとてもお手頃価格です。洗い替えや、持ち運び用に何枚でも揃えられますね。

ペットボトルを使用した手作り暑さ対策グッズも活用して

ペットボトルに水を入れて凍らせ、タオルで巻いたらお手軽暑さ対策グッズの完成です。 頭を乗せたり抱え込んだりするのはもちろん、おもちゃとしても遊べます。ただ、噛んで穴が開いてしまうと水漏れするので注意しましょう。
時間のある方は、保冷剤が入るクールバンダナを作ってみてはいかがでしょうか。ミシンがあれば簡単ですが、手縫いでも作成できます。 使用する布は、不要になった洋服や100均に売っている手ぬぐい、接触冷感タオルなどなんでもOK。好みの柄で作るのもよいでしょう。

 
暑さ対策グッズを活用して犬にとって快適な環境づくりを

「暑い」と伝えられない家族を暑さから守れるのは、同じ家族だけ。熱中症の初期症状を見逃さないことも大切です。 さらにもうひと手間、暑さで犬にとって辛い体調にしないための準備も、より大事になってきているのです。
暑さは年々厳しさを増しています。エアコンや扇風機だけでなく、室内でもしっかり暑さ対策グッズを活用して犬を守ってあげましょう。