6月は全品送料無料 ケロちゃんコロちゃんプレゼント

つらい花粉症を予防するためにはどうする?セルフでできる予防方法や対策に役立つ食べ物・グッズを解説

マスク・マスクアクセサリーMASK ACCESSORY
MORE
2023/02/10

花粉症の予防には、それぞれの植物の特徴や活発な時期を確認しておき、花粉飛散が活発になる前から実践できる対策方法を知っておくのが必要不可欠です。
また、花粉症の影響を体で感じた際には、生活習慣の改善や対処法を取り入れると、つらい状態を少しでも和らげやすくなります。
花粉を活発に飛ばす植物の特徴や花粉症によって身体に起こる現象や、予防のための対策方法や取り入れたい食べ物・飲み物を解説しますので、是非参考にしてくださいね。

 

花粉症になるとどんな症状が起こる?

花粉症になると、身体に起こる影響を解説します。
特定の時期に以下で記す症状の経験がある方は、花粉症の可能性を頭に入れておきましょう。

目がかゆくなる

花粉症になると、目のかゆみが気になる人が多くなります。
目のかゆみは集中力の低下だけでなく、睡眠の質や肌荒れにも繋がるため注意が必要です。

くしゃみが止まらなくなる

花粉症の影響で、くしゃみが止まらなくなる人も少なくありません。
くしゃみが止まらなくなると、食事や人との会話時にどうしても常に意識を傾ける必要があるため、神経質になってしまいます。
特にコロナ禍においては、あまりに酷いと周囲から警戒される原因にもなりかねないので、くしゃみが止まらなくなったら一度花粉症を疑う必要があるかもしれません。

鼻がつまって呼吸しにくくなる

花粉症による身体の影響のひとつに、鼻がつまって呼吸しにくくなることがあります。
花粉症の影響で鼻水が出てくると、ティッシュで鼻をかみ続けても止まらないどころか、中が詰まって呼吸しづらくなってしまいます。
鼻づまりは声の質の劣化やストレスの原因になるだけでなく、赤い腫れや皮膚の荒れを起こす可能性もあるので気をつけましょう。

 

花粉症の原因となる植物の種類

花粉症の原因となる植物の種類を季節別に解説します。
特定の時期や季節に花粉症に悩まされる方は、自分の生活圏内に該当する植物がないか調べてみましょう。

春:スギ・ヒノキ・イネ

冬場から春にかけてはスギ、ヒノキの花粉が空に多く飛び交います。
スギやヒノキは花粉症の代名詞とも言われる植物です。身近に多数生息している場合、花粉が飛び交う季節は外出を控えるべきかもしれません。
また、多くの地域で道端に生えているイネ科の植物の花粉も春に飛散が活発になる傾向があるので注意しておきましょう。

夏・秋:イネ・ブタクサ・ヨモギ・カナムグラ

夏から秋にかけてはイネやブタクサ、ヨモギやカナムグラの花粉の飛散が活発になります。
雑草に紛れている可能性も高いため、いつもの通勤道や公園などの子どもの遊び場に生息していないかチェックしておきましょう。

冬:スギ

ほとんどの植物が枯れた状態になる冬も、スギの花粉は空に飛び交っています。
冬は寒さなどの影響により、他の病気の症状と花粉症の区別がつきにくいです。鼻水や喉のつまりなどを感じたら、一度花粉症の影響を疑いましょう。

 

セルフでもできる!花粉症の予防方法

つらい花粉症を予防するために、セルフでできる対策方法を解説します。
ひとりでもすぐにできるものばかりなので、花粉症の影響を感じた時は実践してみましょう。

花粉の飛び交う量が多い時期の外出を控える

冬場から春にかけては、多くの植物の花粉が大量に空に撒き散らされます。毎年花粉症に悩まされている方は、春場の外出を控えるのも選択肢の一つです。
買い物を極力オンラインで済ませるなどの方法を実践すると同時に、家の中に花粉が入ってこないよう空気の入れ替え時は細心の注意を払いましょう。

外出時はマスクやメガネをする

花粉飛散のひどい時期にやむを得ず外出する場合、マスクやメガネなどの道具を使って目や鼻、口を守る体制を整えましょう。
コンタクトレンズをする人の場合、花粉の影響で目が痒くなり、指で触って他の菌が中に進入してしまうリスクも高まります。
花粉症のひどい時期は、外にいる時はメガネ、長時間室内で仕事をする際はコンタクトレンズなど臨機応変に使い分ける習慣をつけてくださいね。

 

花粉の影響かな?と思ったときの対処方法

花粉飛散による影響を身体で感じたときは、普段の生活方法を改める必要があるかもしれません。
花粉による影響を悪化させないためにも、3つの方法を実践してみましょう。

タバコやアルコールを控える

花粉飛散の影響を身体で感じたときは、タバコやアルコールの摂取を控えましょう。
タバコは花粉症時につらくなる呼吸器官に更なるダメージを与えやすく、過度の飲酒は免疫力の低下や喉の痛みに繋がるため、花粉症のひどい時期は摂取頻度を極力下げましょう。

のどや鼻を保湿する

花粉症がひどいと感じたときは、のどや鼻を保湿しましょう。
暖かいタオルやお湯などを摂取し、呼吸器官の乾燥を防ぐと花粉症特有のつらい影響を軽減できますので、生活環境に取り入れてくださいね。

刺激物の多い食事を控える

花粉症により身体の調子がよくない時は、刺激物の多い食事を控えましょう。
辛いものや甘いものだけでなく、脂っこいものや塩味の強い食べ物を控えて腸内環境を整え、免疫力の向上に繋げていきましょう

 
花粉症の特徴をおさえて
正しい予防・対処方法をマスターしておこう

花粉症になると、鼻や喉など呼吸器官に良くない影響が出やすくなります。
生活リズムの見直しや、免疫力の向上に繋がる栄養素を含む食べ物の摂取を習慣化し、暖かいタオルやマスクの活用など、自分に合った花粉対策に繋がるアイテムの常備を心がけましょう。

PICK UP
おすすめ商品はこちら