6月は全品送料無料 ケロちゃんコロちゃんプレゼント

乾燥肌必見!スキンケアアイテム選びを基本から学ぼう。年代別にスキンケアのポイントも紹介

PICK UP
おすすめ商品はこちら

乳液EMULSION
MORE
2023/12/20

乾燥肌のスキンケアで大切なのは、「いまの肌状態に合わせたアイテム選び」です。季節や環境、年齢によって肌状態は一人ひとり異なるので、スキンケア後の肌状態をみて、自分に合うスキンケアアイテムを選びましょう。
いま乾燥肌に悩んでいる人も、そうでない人も、乾燥肌に対するスキンケアの知識を身につけておくと、いくつになっても「すこやかなうるおい肌」でいるためのヒントになるはずです。

 

肌が乾燥する原因

肌が乾燥する理由は人によって異なり、原因はひとつではありません。スキンケアについて考える前に、自分の肌状態と乾燥の原因を知るところから始めましょう。

加齢による乾燥

「若いころはこんなに乾燥しなかったのに…」と感じた経験のある方は少なくありません。それもそのはず、肌を乾燥や外部刺激から守る「バリア機能」において、大きな働きをしている皮脂膜・細胞間皮質(セラミド)・天然保湿因子は、年齢を重ねるにつれて減少するからです。
肌のバリア機能が低下すると肌内部にうるおいを保持できなくなるので、乾燥肌になってしまうのです。

バリア機能

季節による乾燥

乾燥肌は、以下に挙げる季節特有の原因によって引き起こされる場合があります。
肌の乾燥は一般的に秋や冬に起こりやすいと思われがちですが、実は春や夏にも原因が潜んでいます。

季節による乾燥

誤ったスキンケアによる乾燥

肌を整えるためのスキンケアも、やり方が間違っていると逆に乾燥を進めてしまいます。たとえば、肌に合わない基礎化粧品の使用、力を入れた洗顔やパッティングなどです。スキンケアは、肌に刺激を与えないようにおこなうのが基本。ゴシゴシと擦ったり、叩いたりするのはNGです。

 

乾燥肌のスキンケアアイテムの選び方

スキンケアアイテム選びを基本から学ぼう。

「保湿しているのに乾燥肌が改善しない」「使用しているアイテムの成分がよいのか自信がない」このような悩みを抱えている方は、スキンケアアイテムを見直すときです。
乾燥肌のスキンケアにぴったりのアイテムを選ぶ方法を、詳しくご紹介します。

クレンジング

乾燥肌には、洗浄力がマイルドなタイプのクレンジングを選びましょう。洗浄力が強いと、必要な皮脂まで洗い流してしまいます。
洗いあがりにつっぱり感を感じている人は、ミルクやクリームタイプのクレンジングを選んでみるとよいかもしれません。
ただし、製品によっては肌に刺激を与える成分が含まれている場合があるので、保湿成分以外の成分もチェックしましょう。
オイルタイプや拭き取りタイプのクレンジングは、乾燥肌には刺激が強いと感じるケースも。「ポイントメイクを落とすときだけ使用する」「オイルはしっかり乳化させる」など、使い方を工夫してみてくださいね。

洗顔料

洗顔料は、以下の保湿成分が配合されているタイプを選びましょう。

  • ・ セラミド
  • ・ ヒアルロン酸
  • ・ グリセリン
  • ・ スクワラン
  • ・ コラーゲン
  • ・ 植物オイル
  • ・ 植物エキス

クレンジングと同様に、洗浄力が強すぎるタイプはNGです。酵素洗顔やスクラブなどは、肌が乾燥しているときの使用を控えましょう。

化粧水・乳液

化粧水や乳液は、肌の内側で水分を抱え込む働きをする「セラミド・アミノ酸・ヘパリン類似物質」が配合されているアイテムを選ぶとよいでしょう。
テクスチャーによって保湿効果が変わると思われがちですが、サラサラだからといって保湿力が不足しているとは限らず、とろみがあるからといって必ずしも十分に保湿できるわけではありません。大切なのは、肌になじんでいるかどうかです。
テクスチャーは好みを優先しつつ、スキンケア後の肌がしっとりと保湿されているかを確認して選びましょう。ベタつきが残っている場合は、つける量が多すぎたり、製品の油分が多すぎたりしている可能性があります。

 

【年代別】乾燥肌のスキンケアポイント

肌の調子は年齢とともに変化するもの。適切なスキンケアアイテムを選んで、いまの肌に相応しいお手入れをしましょう。

【20代】乾燥肌のスキンケアポイント

20代は、ある程度肌の水分量が保たれています。皮脂量も十分で、場合によっては脂性肌やニキビができるといったトラブルが生じるケースもあるほど。そのため、20代のスキンケアは水分と油分のバランスを見ながらおこなうのがポイントです。
乾燥が気になる季節は乳液の代わりに保湿成分の入ったクリームを使う、肌トラブルが気になるときは敏感肌用の基礎化粧品に切り替えるなど、肌の状態に合わせて柔軟に対応しましょう。

【30代】乾燥肌のスキンケアポイント

30代は徐々に乾燥が気になってくる年代です。基礎化粧品は、保湿成分が配合されたタイプに切り替えてみましょう。皮脂の分泌量も減少してくるので、化粧水のあとは必ず乳液やクリームで油分を与えてうるおいを閉じ込めてください。
とはいえ、何かと忙しい30代は「スキンケアに時間がかけられない…」といった悩みも。そんなときは、オールインワンタイプの化粧品を使用するのもよいでしょう。選ぶときは、セラミド・ワセリン・アミノ酸などの保湿成分がどのくらい配合されているかのチェックをお忘れなく。

【40代】乾燥肌のスキンケアポイント

40代は、乾燥をはじめとするエイジングサイン(年齢に応じた肌印象)が気になってくる年代です。基礎化粧品は、年齢に応じたケアができるタイプに切り替えてみてもよいかもしれません。40代向けの製品は保湿成分が豊富に含まれているため、乾燥肌への対策にもなります。
また、スキンケアだけでなく、生活習慣の見直しや紫外線対策も乾燥肌対策には重要です。不足しがちなビタミンや亜鉛などの栄養素は、必要に応じてサプリメントで補うとよいでしょう。

【50代以上】乾燥肌のスキンケアポイント

50代以降は、皮脂の分泌量が著しく低下したり、ターンオーバーの周期が長くなったりします。そのため、乾燥肌だけでなく、黒ずみやザラつきといった肌症状があらわれやすい傾向にあります。
いままでのケアでは追いつかなくなるので、スキンケアアイテムは保湿成分の含有量を意識して選び、さらに導入美容液やポイントケアクリームを取り入れましょう。古くなった角質には、尿素入りのアイテムを使用するのもおすすめです。なるべく刺激を避けたいので、添加物に注目してスキンケアアイテムを選ぶとなお◎です。

 
乾燥肌ケアはスキンケアだけでなく日常生活でも意識して

不規則な生活は、肌のバリア機能を低下させたり、ターンオーバーのサイクルを乱れさせたりする原因となります。そのため、肌の乾燥対策はスキンケアだけでなく、バランスのよい食事や睡眠、適度な運動といった日常生活にも目を向けてみましょう。
たとえば、食事面であれば、すこやかな肌の基礎をつくる「タンパク質」や「ビタミン」を意識して摂取してみてください。塩分や糖分、脂質の多い食事は、身体にはもちろん、肌にも悪影響をおよぼします。
「身体によいこと」=「肌によいこと」。乾燥肌対策には、スキンケアを意識するのはもちろん大切ですが、いま以上のケアをしたいと考えている方は、ぜひ日常生活も見直してみてください。

  • 中村里歩

    美容×健康ライター中村里歩

    元美容師で「超」がつく美容・健康マニア。試した美容法・健康法は数知れず…。経験を活かし、美意識の高い女性や、健康に悩む男性に寄り添う記事を執筆するべく活動中。
    モットーは「明るく前向きに」「日進月歩」。AIに負けない、読者への愛がたくさん詰まった記事を執筆するため日々勉強中。

PICK UP
おすすめ商品はこちら