RHYTHM&BALANCE新価格 ケロちゃんコロちゃんプレゼント

ゲームのやりすぎで親指に違和感を感じてしまうのはなぜ?気になる原因や箇所・自分でできる対策方法を解説

サポーターSUPPORTER
MORE
2023/02/21

「ゲームのコントローラーを長時間握っていると親指に違和感が出てくる...」
「毎日ゲームするようになってから親指が疲れやすくなった...」
ゲームの長時間プレイにより、親指に疲労や不快感を感じる人は少なくありません。
ゲームで親指に違和感を感じやすくなる原因や箇所、病院に行かなくても自分で対策できる方法はあるのでしょうか。
さまざまな対応策について、一度目を通してみましょう。

 

ゲームをしていると親指に違和感を感じるのはなぜ?

ゲームをすると親指に疲れや不快感をおぼえてしまうのはなぜでしょうか。
ゲームによって親指に起こる現象は人によってさまざまです。親指に違和感を感じる、よくある原因を3つ解説します。

ゲームを長時間やりすぎている

ゲームを長時間やりすぎると、当然ながら親指に疲れや違和感が出やすくなります。
ゲームを何時間もプレイする場合、身体は「長時間にわたる同じ動作の繰り返し」を行うため、親指への負担は避けられません。
ゲームの種類や操作方法によっては、指だけでなく腕や首にも疲れを感じたり、違和感が起こりかねないのです。
長時間プレイする習慣のある人は体の状態をケアする習慣をつけましょう。

手に力が入り過ぎている

ゲームをする際に手に力が入り過ぎると、親指や手首に負担がかかりやすくなります。
ボタンを連打する、一定時間押しっぱなしにする際、どうしても親指に力が入ってしまう人も多いでしょう。
FPSやレース系ジャンルのゲームをプレイする人の場合、敵の動きにより突発的に指に力を入れるタイミングが多く、親指の疲れや違和感に繋がりやすくなります。

コントローラーと手の大きさが合っていない

コントローラーが大きすぎたり、小さすぎたりすると親指に負担をかけてしまうため、違和感や不快感の原因となります。
手が小さい人の場合、大きいコントローラー上で指を動かすと通常の人より負担がかかりやすいため、親指の慢性的な疲れや違和感に注意しましょう。
また手が大きい人の場合、小さめのコントローラーを使って一つ一つの動作に余計な力が入らないよう気をつけてくださいね。

 

ゲームのしすぎによって影響を受けやすい親指の箇所

ゲームのしすぎによって影響を受けやすい親指の箇所はどこか、事前に知っておけば、指の関節の不安や負担を対策しやすいケースもあります。過度なゲームプレイによって指に影響が出やすい箇所を確認しておきましょう。

親指の爪

親指の爪には、ゲームをする際に「指先の引っ掛かり」が生じるケースがあり、指先にダメージが発生します。
コントローラーの操作時に爪が引っ掛かると爪先の荒れや皮向けの原因となるため、こまめに爪を切る習慣をつけましょう。

親指の付け根

親指の付け根は、ゲームをする際の「指の動かしすぎ」によって不快感や違和感をおぼえやすくなります。
ゲームのプレイ時に指を激しく動かしすぎると、親指の付け根や関節にかなりの負担がかかるため注意しましょう。

親指の皮膚

親指の皮膚には、ゲームをする際の「指まわりの状況」次第で肌荒れが起こります。
コントローラーが常に汚れていたり、飲食をしながらのゲームプレイは、衛生状況が悪化し、親指の肌荒れの原因となるので注意しましょう。
またゲーム機やコントローラーの衛生状況だけでなく、乾燥肌や季節による肌の状態の変化によっても、ゲーム中の動作によって皮膚の状態が変わる可能性があります。

 

ゲームのしすぎによって親指に起こるよくない影響

過度なゲームプレイが続くと、指にどのような症状が生じる可能性があるのでしょうか。ゲームのしすぎによって親指に起こる症状について解説します。

バネ指

バネ指とは、指を曲げたり伸ばしたりするとバネのように引っかかる感覚をおぼえる現象です。
バネ指になると指を動かすたびに逆戻りする違和感や不快感をおぼえてしまうため、ゲームが原因で日常生活に支障をきたさないよう注意しましょう。

つき指

つき指とは、指をぶつけたり衝撃を受けたりした時に起こる現象の一つです。
つき指をしてしまうと関節が腫れてしまい、指を曲げたり完全に伸ばしたりするのが困難になります。
つき指はゲーム中の動作におけるボタンの押し間違えや、コントローラーの一部への爪の引っ掛かりによって起こりがちです。気をつけておきましょう。

 

ゲームによって親指に起こる良くない現象を予防するためには

ハードなゲームプレイや長時間のゲームプレイで起こる良くない現象を予防するには、事前の対策が欠かせません。
道具の活用や習慣付けによる、個人で行いやすい対策方法を解説します。

日常生活で手首や親指を酷使し過ぎない

ゲームを長時間プレイする習慣のある人は、まず日常生活全体で手首や親指を酷使していないか見直してみましょう。
ゲームをする時間だけでなく、ペンやパソコンを使う時にも、指や手首に力を入れすぎていないか意識してチェックしましょう。

手をマッサージやストレッチする習慣をつける

ゲームの長時間プレイによる親指の違和感を感じる人は、手の疲労を和らげるマッサージや柔軟性を高めるストレッチもおすすめです。
親指の付け根を押すマッサージや、指を思い切り伸ばすストレッチをゲーム前・ゲーム中に行うと、親指の慢性的な疲れを軽減しやすくなります。

アイテムの導入を試してみる

ゲームによる親指の違和感を軽減するには、サポーターやテーピングといった「親指にかかる負担を和らげるための道具」の活用を検討するのも一つの選択肢です。
サポーターはゲーム中の手の違和感、テーピングは力の入れすぎの予防にもつながるアイテムなので、親指に違和感や不快感を感じる人だけでなく、ゲームを長時間楽しみたい方は予防の意味で検討してもよいでしょう。

 

ゲームによって親指に疲れや違和感を感じたとき対策方法

「ときどき親指に疲れや違和感をおぼえるけど、ゲームは趣味なので毎日プレイしたい」
「疲れすぎないようにゲームの時間を決めたいけど、一度始めるとなかなかやめられなくなる」
ゲームが習慣や生活の一部になっている人は、親指に少し違和感があってもやめたくないと考えるでしょう。
ゲームを長時間プレイする際に知っておきたい「親指の疲れや違和感の和らげ方・対処方法」を解説します。

長時間におけるゲームプレイを控える

「長時間の動作による親指の疲れ」を感じる人は、ゲームのプレイ時間をまずは見直してみましょう。
ゲームのしすぎが日常生活に支障をきたさないよう、親指を含む身体全体の状態を定期的に見直す習慣を大切にしてください。

コントローラーを買い換える

セルフチェックで「ゲームをする際に親指に負担がかかっている」と感じる人は、コントローラーの種類の変更を検討するのも選択肢のひとつです。
親指の違和感を感じる人は、使っているコントローラーの大きさや重さが影響していないかいま一度確かめましょう。

手首の負担を和らげる道具を活用する

「ゲームによる親指への影響が心配」と考える人は、リストレストなどのアイテムの活用を検討してみましょう。
サポーターやリストレストはゲームだけでなく、長時間のデスクワークをする習慣のある人にも使いやすいアイテムです。是非一度購入を検討してみましょう。

 
ゲームによる親指の疲れ・違和感を防ぐために
「事前・事後の対策」をしっかり行おう

ゲームによって起こりやすい親指の疲れや違和感は、長時間のプレイが原因とは限りません。
場合によっては親指を固定する補助アイテムの購入やコントローラーの買い替えにより、プレイ時間以外の事前対策によって親指の不快感を軽減できる可能性があります。
趣味の一環、あるいは生活の一部としてゲームを精一杯楽しむためにも、自分なりにできる親指への疲労や違和感への事前・事後の対策を心がけましょう。